楽天モバイルはデータ容量を使い切っても最大1Mbpsで快適に通信可能!

楽天モバイルはデータ容量を使い切っても最大1Mbpsで快適に通信可能!

 

 

楽天モバイルでは「スーパーホーダイ」というお得なプランを契約すると、月々2,000円台に通信費を抑えることができます。

 

スーパーホーダイのメリットの1つに、「データ容量を使い切った後、最大1Mbpsで通信できる」という点があります。

 

そこで、このページでは最大1Mbpsで通信できると何がいいのか、具体的に紹介をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

データ容量を使い切った後は最大1Mbpsで通信できる(時間帯制限あり)

 

楽天モバイルの料金プランには「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2種類があります。

 

このうち、スーパーホーダイには、組み合わせプランや他社プランには無いメリットがあります。
それが、「データ容量を使い切った後は最大1Mbpsで通信できる」という点です。
※ただし、通信が混み合う時間帯(12:00〜13:00、18:00〜19:00)は最大300kbpsとなります

 

 

通常、1ヶ月内に高速通信で利用できるデータ容量は、プラン契約時に決められている容量分だけです。
そのデータ容量を使い切った場合、低速通信(通常は128kbps)となります。

 

しかし、スーパーホーダイは最大1Mbpsと128kbpsの約9倍の速度で通信できるため、データ容量を使い切っても安心して利用することができます。

 

ただし、通信が混み合う時間帯(12:00〜13:00、18:00〜19:00)は最大300kbpsとなります。それでも128kbpsの2倍以上の通信速度となるため、かなり速いです。

 

 

最大1Mbpsの通信速度は比較するとこんな感じ

 

1Mbpsといっても、実際にどれくらいの速度かはイメージが分かりにくいと思います。

 

そこで、128kbpsや高速データ通信とどんな違いがあるのかを比較して見ます。

 

通信内容 1Mbpsの場合 高速通信の場合
メッセージやメールのやりとり 快適 快適
Webブラウジング ストレス無く閲覧できる 快適
地図・ゲームアプリ ストレス無く閲覧できる 快適
YouTubeなどの動画再生 問題のないレベル 快適
アプリダウンロード まぁ耐えられるレベル 快適

 

動画再生やアプリのダウンロードなど、大容量のデータを使わなければ問題なく利用できます。

 

 

まとめ

 

楽天モバイルのスーパーホーダイプランは、データ容量を使いきっても最大1Mbpsで利用できるというメリットがあります。

 

「2GBや3GBのデータ容量だと、少し物足りないけど、それより大容量のプランだと月額料金が高くて厳しい」というような方でも、安心して利用することができます。

 

 

10分かけ放題も付いているので、他の格安SIMよりも使い勝手はいいです。

 

楽天モバイルではスマホ端末もキャンペーンで安く販売されていることが多いので、スーパーホーダイに魅力を感じるのであれば、ぜひ一度検討してみてください。