楽天モバイルの新料金プラン「スーパーホーダイ」を分かりやすく解説

楽天モバイルの新料金プラン「スーパーホーダイ」を分かりやすく解説

 

 

楽天モバイルで2017/9/1(金)から、新料金プラン「スーパーホーダイ」が申し込みできるようになります。

 

ワイモバイルやUQモバイルに対抗しての新料金プランのようですが、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

ここでは、スーパーホーダイについて分かりやすく解説をしていきます。

 

 

 

 

 

スーパーホーダイの特徴と料金

 

スーパーホーダイの特徴は主に下記の3つです。

 

  1. 高速データ通信容量を使い切っても1Mbpsで通信できる
  2. 5分かけ放題も付いてくる
  3. 楽天会員であれば1年目はさらに安く使える

 

 

料金プランを表にまとめたので、実際に内容を見てみましょう。

 

月額料金 プランS(2GB) プランM(6GB) プランL(14GB)
プラン基本料金 2,980円 3,980円 5,980円
楽天会員割引適用時(*) 1,980円 2,980円 4,980円
ダイヤモンド会員割引時(*) 1,480円 2,480円 4,480円

(*)1年目のみ適用される割引

 

それでは、各プランの詳細をさらに解説していきます。

 

 

各プランのデータ通信について

 

プランはS/M/Lの3つあって、それぞれ高速データ通信容量は2GB/6GB/14GBが利用できます。

 

高速データ通信容量を使い切った場合は、最大1Mbpsでの通信に切り替わります。
(通信が混み合う時間帯12:00〜13:00、18:00〜19:00だけは、最大300kbps)

 

 

各プランの割引について

 

プランS/M/Lのいずれも、1年目のみ割引を受けることができます。

 

楽天会員であれば、ランクに関わらず1,000円引きとなります。

 

さらにダイヤモンド以上のランクである場合、ダイヤモンド以上となっている利用月は500円引きとなります。

 

最大で1,500円引きで利用することが可能です。

 

ただし、これらの割引は1年目のみとなります。

 

 

各プランの通話料金について

 

通話に関しては、プランS/M/Lのいずれも楽天でんわによる5分かけ放題となっています。

 

5分以降は、30秒10円となります。

 

楽天でんわアプリを利用しない場合は、通常の通話料金(30秒20円)が発生するのでご注意ください。

 

 

最低利用期間が長いと端末価格を割引orポイントを貰える

 

スーパーホーダイでは、契約時に最低利用期間を1年/2年/3年のいずれかから選ぶことができます。

 

普通に考えると短い方がお得ですが、長くした場合は「端末価格を割引してもらえる」もしくは「楽天スーパーポイント」をもらうことができます。

 

 

基本的には端末の割引になりますが、端末価格が割引価格を下回った場合の差額や、SIMカードのみ契約した場合などは楽天スーパーポイントを貰えます。

 

 

 

自動更新がないので、最低利用期間が過ぎた後は契約解除料は0円になります。

 

 

 

 

スーパーホーダイの3つのメリット

 

スーパーホーダイを契約する場合は、3つのメリットがあります。

 

高速データ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信可能

 

高速データ通信を使い切った場合、普通は低速通信(200kbps)に切り替わります。

 

これはほとんどのキャリア・格安SIMで共通しています。

 

しかし、スーパーホーダイは使い切った後も最大1Mbpsで通信することができるので、データ容量の買い足しなどをしなくても問題ないです。

 

※なお、通信が混み合う時間帯(12:00〜13:00、18:00〜19:00)だけは、最大1Mbpsでなく最大300kbpsになります

 

 

楽天会員なら誰でも割引適用される

 

楽天会員であれば、誰でも1,980円からの料金で利用できるというのもメリットであると思います。

 

さらにダイヤモンド会員であれば、500円引きになる点も良いです。

 

ワイモバイルなどは、家族で使って初めて500円引きになるので、1人でも1,480円からの料金で使えるというのはスゴイと思います。

 

 

最低利用期間を選べる

 

最低利用期間は1/2/3年のいずれかを選べます。

 

端末の割引などが不要であれば、最低利用期間は1年となるので、契約の仕方を自分で選べる点も良いと思います。

 

 

スーパーホーダイの3つのデメリット

 

スーパーホーダイにはメリットだけでなく、デメリットにあります。

 

私が感じるデメリットは主に3つです。

 

 

5分かけ放題は楽天でんわでの通話

 

格安SIMなので仕方はないですが、かけ放題の時間は5分です。

 

通話は楽天でんわでの通話になるので、基本的には楽天でんわアプリを使っての通話になります。

 

ワイモバイルであれば、10分かけ放題でアプリも不要になるので、こういった点ではどうしても劣ってしまいます。

 

しかし、アプリを使うこととと、5分という時間で問題が無ければ、特に気にしなくてもよいデメリットだと思います。

 

 

最低利用期間を長くすると契約解除料が高くなる

 

最低利用期間は自由に選べるのですが、最低利用期間が無くなると短期解約での契約解除料が高くなります。

 

期間を長くしたのに短期解約したい場合などは、注意が必要です。

 

 

2年目以降は高くなる

 

楽天会員による割引は1年目のみとなっています。

 

2年目以降はダイヤモンド会員割引ですら適用されなくなるのは痛いところです。

 

逆に言うと、1年使うだけであればとっても安く利用できます。

 

 

 

【感想】1年間使うだけであれば、かなり安いプラン

 

今回はスーパーホーダイについて紹介しましたが、使い方によってはとても料金を安くできるプランだと思います。

 

楽天会員割引+ダイヤモンド会員割引を適用させた1年目は1,480円からの月額料金で利用できるのはとても素晴らしいと思います。

 

逆に2年目以降は料金が高くなるので、使い続けるか見極めが必要だと思います。

 

 

個人的な感想としては、最低利用期間を1年にして1年間のみ使うのであれば、とてもお勧めしたいプランです。

 

プランSなどを見てみると、5分かけ放題+2GBの高速データ通信付きで1,480円なので、お得度はとても高いと思います。

 

これから楽天モバイルの利用を考えているのであれば、ぜひスーパーホーダイでの利用を検討してみてください。