データ通信容量が分け合えておトク!楽天モバイルのデータシェア

データ通信容量が分け合えておトク!楽天モバイルのデータシェア

 

楽天モバイルでは、ユーザー同士でデータ通信容量を分け合うことができる「データシェア」というオプションがあります。

 

「データ通信容量が足りない!」というときに使える便利なオプションです。

 

このページでは、データシェアの詳細や利用の仕方などについて解説します。

 

 

 

データシェアとは

 

繰り越したデータ通信容量を楽天モバイルユーザー同士で分け合うことができる機能です。

 

この機能の良いところは、家族でなくともグループを組んだ人同士でシェアができるところです。

 

グループは本人を含んで5回線まで組むことができます。

 

グループの作成・グループへの招待はメンバーズステーションから行うことができます。

 

月額料金は100円(税抜)です。

 

2017年7月までは無料キャンペーン中なので、ぜひお試しください。

 

データシェアの利用方法

Step1:メンバーを招待する

「メンバーズステーション」にログインした後、データシェアの「お申し込みへ」を選択します。

 

その後、「データシェア」より、グループに招待したいメンバーの電話番号を入力してください。

 

招待されたメンバーに参加承認の依頼メールが届きます。

 

Step2:メンバーが招待を承認する

参加承認の依頼メールに従って「メンバーズステーション」にログインしてください。

 

その後、データシェアの「承認画面へ」を選択してください。

 

オーナーのお名前と電話番号、「データシェア」のご契約内容の確認及び注意事項を確認して、招待を承認してださい。

 

承認後、翌月からグループメンバー内で繰り越したデータ通信容量をシェアできるようになります。

 

データSIMでもデータシェア可能

 

データシェアは電話番号でグループ管理をします。

 

そのため、通話SIMのみデータシェア可能なように思うかもしれませんが、実はデータSIMでも利用できます。

 

データSIMに割り振られている電話番号(通話には利用できない)を招待する電話番号として利用しましょう。

 

電話番号が分からない方は、SIMカードの台紙の裏で11ケタの電話番号を確認してください。

 

 

 

楽天モバイルSIMアプリで残容量が確認できる

 

楽天モバイルSIMアプリを使えば、データシェアの残容量などを確認できます。

 

アプリの残容量詳細にて、

  • データシェアの残容量
  • 今月契約分の残容量
  • 高速通信分オプションの残容量

 

が確認できます。

 

 

 

まとめ

 

データシェアを利用すれば、おとくにデータ通信容量を利用することができます。

 

ただし、月額料金100円(税抜)がかかる点に注意は必要です。

 

2017年7月までは利用料金が無料になっているので、無料期間中にお試しください。