楽天モバイルの最低利用期間って?違約金の条件を確認しておこう

楽天モバイルの最低利用期間って?違約金の条件を確認しておこう

楽天モバイルを利用する前に知っておきたいのが最低利用期間。

 

MNPを利用すれば他の携帯会社に電話番号そのままで乗り換えることができますが、最低利用期間が過ぎる前に乗り換えると違約金が発生してしまいます。

 

違約金をムダに支払わないためにも、最低利用期間に注意しましょう。

 

 

 

 

 

そもそも最低利用期間とは何?

 

ドコモ/au/ソフトバンクといったキャリアでは最低利用期間というものはなく、2年契約となっています。

 

いわゆる2年縛りと呼ばれるもので、2年ごとに契約を更新するといった形の契約です。

 

そのため、キャリアでは2年ごとに契約を更新するので、2年ごとに訪れる「契約更新月」で解約をしないと2年契約を破棄することになるので違約金が発生します。

 

 

いっぽう、楽天モバイルのようなMVNOでは最低利用期間という形の契約となっています。

 

最低利用期間と呼んでいるだけあり、「この期間だけ利用すれば、後はいつでも解約していい」という形の契約です。

 

MVNOでは半年から1年程度の最低利用期間を設けているところが多く、この期間だけ契約をしていれば、後は違約金無しでいつでも解約できます。

 

楽天モバイルの最低利用期間は?

 

気になる楽天モバイルの最低利用期間は下の表のようになります。

 

契約タイプ 最低利用期間 違約金(税抜き)
データSIM/050データSIM なし 0円
通話SIM 12ヶ月※/td> 9,800円

 

※開通月を1ヶ月目として12ヶ月目以内の解約で違約金が発生する

 

 

 

他のMVNOの最低利用期間はどれくらいか

 

楽天モバイル以外の主要なMVNOの最低利用期間および違約金は以下のようになります。

 

MVNO事業者 契約タイプ 最低利用期間 違約金(税抜き)
DMMモバイル データSIM 1ヶ月※1 なし※1
通話SIM 13ヶ月 9,000円
IIJmio データSIM 2ヶ月※1

なし

通話SIM 12ヶ月 12ヵ月−利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円
OCNモバイルONE データSIM 1ヶ月※1 なし
通話SIM 6ヵ月 8,000円
mineo データSIM なし なし
通話SIM なし※2 なし※2

※1. 最低利用期間の間は解約できない。違約金は必要ないが月額料金のみ支払う必要あり
※2. 用開始月の翌月から12カ月以内にMNP転出する場合は、MNP転出手数料12,420円(税込)が必要

 

 

最低利用期間が短いMVNOは、半年というものもあります。

 

データSIMの場合は、どのMVNOも最低利用期間を設けていません。

 

 

 

最低利用期間に気を付けて乗り換えよう

 

楽天モバイルの通話SIMを契約している場合は、最低利用期間は1年となります。

 

この最低利用期間を過ぎればいつでも違約金無しで解約できるので、通話SIMを契約している場合は1年経ってから解約をする方がいいです。